2030年12月31日火曜日

黒木夏兒が翻訳した本の一覧です。
このページが常にトップに来るようにしています。

ロスト・コントロール~虚無仮説~
台湾の蒔舞(シーウ)先生による、LAを舞台にトラウマ持ちの台湾系FBI捜査官、藍沐恩(ラン・ムーウァン)が活躍するBL。
日本で台湾のBL小説が商業出版されるのはこれが初めて。同時に私の翻訳デビュー作です。
先日嬉しい知らせが入りました。Ⅰが5800部、Ⅱが4700部ほど出て、重版掛かっていたそうです!

ロスト・コントロール~虚無仮説~Ⅰ

ロスト・コントロール~虚無仮説~Ⅱ



示見の眼シリーズ

同じく台湾の蒔舞先生による、現代台湾ものBL。
幽霊が見える台湾大学院生、陸以洋(ルー・イーヤン)を主役にしたこのシリーズが蒔舞先生の代表作。
許可を頂いてキンドルでスローペースに翻訳中。カドカワブックウォーカーでも配信しています。

Amazonで購入の場合のリンク

示見の眼 第一巻 深夜一時六分の出会い

示見の眼 第二巻 明けゆく夜の底で

示見の眼 第三巻 そして、夜明けの光

示見の眼 第四巻 逢魔が時

示見の眼 第五巻 夜が帳を下ろす頃

ブックウォーカーで購入の場合のリンク

示見の眼 第一巻 深夜一時六分の出会い

示見の眼 第二巻 明けゆく夜の底で

示見の眼 第三巻 そして、夜明けの光

示見の眼 第四巻 逢魔が時

示見の眼 第五巻 夜が帳を下ろす頃



北城百畫帖(カフェーヒャッガドウ)


たぶん台湾好きなら誰もが知っている漫画。
カフェー文化華やかなりし「昭和」の台北に開業した純喫茶カフェー「百画堂(ヒャッガドウ)」を舞台にした連作シリーズです。
デジタルカタパルトから2019年4月26日に配信開始。
四年越しの恋が叶って翻訳担当させていただきました!
電子版には特別付録として用語解説などの情報もお付けしております。

北城百畫帖(カフェーヒャッガドウ)