2014年1月16日木曜日

蒔舞先生が日本にいらっしゃいました!


 先日の記事にも書きましたが、このお正月、蒔舞先生が日本にいらっしゃいました!
 日本の年越しの雰囲気がお好きで、ここ数年間この時期はお姉さま共々日本で過ごしていらっしゃるそうです。ただし、お姉さまのお仕事の都合もあるので、冬コミ二日目への参加までは難しいらしい。残念!

 先生からメールをいただきまして、この機会に直接お目にかかることに。
 以前、虚無~をまだなんのあてもないままに訳してみていた頃からメールでのやり取りはあったのですが、こうして日本での出版が実現して、先生ご本人ともこうしてお目にかかれて、というのはやはりものすごく感無量。

 というわけでかなりどきどきしつつ、メールで待ち合わせ場所を打ち合わせ。で、この課程で私のガラケーでは先生からのメールが文字化けすると判明しまして、なのでまず確実に行き違うことはないと思われる待ち合わせ場所として新橋の第一ホテルの本館ロビーラウンジを指定。八時に待ち合わせることにし、私は少し早めに行って机の上に虚無を置いて待っています、ということに。

 なにぶん私の中国語、読むのは任せておけな代わりに発音と、特にヒアリングがかなりまだまだ苦手。典型的な日本人の語学なのですよ。ああ、自慢にならない……。旅行時は常にノートを持ち歩いて、聞き取れなければ書いてもらって読むという状態なので、メールが使えないというのはかなり問題があるのですね。

 しかし、なんとホテルに着いてみるとラウンジに「クローズド」の札が! ええ?

 お正月ということで営業時間が変わっている可能性も考え、ホテルのサイトも調べて行ってるのに? しかもラウンジ前に年末年始の各店舗の営業時間表が貼ってあって、それを見ても今日は夜の十時まで営業していることになっているのに?? (後で友達に話したら「偽装じゃん(笑)」と一言。おお、言われてみれば(爆)!)

 とはいえ、クローズドの札の向こうではスタッフが掃除機まで掛けちゃっていて、どう見てもこのラウンジは閉店している。さてどうしよう? お店そのものは蒔舞先生がご飯まだだった場合に備えて帝国ホテルに移動、という手段も視野に入れてはいたのですが、そもそも待ち合わせが成立しない可能性があるじゃないか!

 内心真っ青になりつつ、とにもかくにもラウンジ入口に座って、いっそここで本を並べるべきだろうかと悩みながらホテルに入ってくるお客さん(幸いそれほど人数は多くない)に目を走らせていたところ、あ、なんとなーくこの人っぽい気がする、という感じの方が入ってらっしゃいまして、そうしたらやっぱり蒔舞先生でした。

 ご挨拶の後、さっそく帝国ホテルへ移動します。
 こっちは予定していた店が案内どおりに営業していまして一安心。まだぎりぎり夕食時間帯ということで満席だったため、少々待つ間に先生からお土産をいただき、私の方も些少ながら用意していったプレゼントをお渡ししました。
 今回先生は御自分の他社でのシリーズ本と新作、それに同人誌を持ってきてくださいまして! それとパイナップルケーキ、そして肉鬆(ロウソン)をいただきました。

 実は、このお土産の中で「あ~!」と思ったのがこの肉鬆でした(笑)。
 肉鬆というのは、台湾に行ったことある方はたぶんご存知なのですが、お肉で作ったでんぶです。ふりかけのようにして食べます。台湾では昔は給食にも出てきたというポピュラーな食べ物で、時にはパンの中に入っていたりすることも! 初めての旅行のときにパン屋さんで「肉鬆派(ロウソンのパイ)」を売っていたのを「肉醤派(ミートパイ)」と読み間違えて買い、かじったら中からこれが出てきて吃驚したものです。
 
 蒔舞先生の「示見之眼」で主人公がハウスキーパーのおばさんが作ってくれたむちゃくちゃおいしい朝ごはんを食べるシーンに、「できたて熱々でしかも上には細葱と鰹節醤油がたっぷりかかっている炒り立て肉鬆」が出てくるんですねー!! なんておいしそうな描写なんだ!

 先生もご飯はまだ、ということでご飯をオーダーし、あとはひたすらしゃべるしゃべる!

 先生は高校生のときから日本語を勉強していらっしゃるということで、ほぼぺらぺらです。さらになんでもお父様が、台湾のテレビで放送していた「暴れん坊将軍」が大好きで、先生も一緒に見ていらしたそうな(台湾では結構普通に日本のドラマが放映されている。放映されていなければ海賊版があったりもして、台湾ドラマを一クールに一本くらいしか見られない日本とは雲泥の差だー)。で、先生自身、台湾ドラマより日本ドラマが好きで、特に刑事ものはあぶない刑事から踊る大捜査線、相棒までがっつり見てらっしゃいます(アメリカドラマにはまったのはここ数年だそうです)! 前、横浜に来られた際は、あぶない刑事にも出てきた赤レンガ倉庫が残っていて嬉しかったとか(ただ、商業施設になっちゃっているのには吃驚だったらしい)。お台場はこれまたまだなんにもない時期で「湾岸署はどこ?」と思われたらしい。ちなみにお姉さまは歌舞伎ファンだそうです。

 そして香港映画の話も。やはり先生も香港映画で刑事役をよくやっている俳優諸氏、お好きだそうで! 特におじさん俳優が!!

 あと、作品の裏話も伺っちゃいました! これ、実は前から不思議だったんですが、「示見之眼」初版バージョンはイラストレーターさんがころころ変わっているんですよ。1~5、6、7~9、外伝と全部で四人。実は最初のイラストレーターさんは先生のお友達で、当時はまだ学生さん。で、お願いして書いてもらったものの、6巻では都合がつかずにチェンジ。更に6巻、7~9巻の方は、発行時期がしばらく空いている内になんと連絡がつかなくなってしまった(大陸在住の方だと割とよくあることだそうで)。なので外伝とそのあとの同人誌はまた別な方になり、今発行されている版では1~9までもこの方のイラストで統一されている、という事態になったんだそうで。

 あ、それで、嬉しいことがありまして! 私、実はこの外伝と同人誌は売り切れで持っていないんですよ。そしたら先生が下さるそうです~!
 台湾は売り切れたら絶版、という事態が多いんですね。再販制度がないのであちこちの書店が独自の割引価格で売っていて、売り切れたらそれきりになりがちです。もっとも大手ネットショップだと、再入荷予定になっていることもあります。ちなみに直営ネット書店でも、「欠品」となっているので再版を待っていると「絶版」となってしまい「え?」と思うことが多い。ただ、絶版、となっていたのが今度はいきなり再版されていたりして、絶版の定義がいまいちよくわからないんですが……。

 それと先生は今年がプロになって十年目ということで、五月に台湾である即売会において記念誌を発行すべく今執筆中です! この記念誌はなんとかしてみなさんにもご紹介したいです。
 そういえばこのイベント、台北大学の体育館で開催されるのですが、台湾は割とコンサートとかでも大学施設でやることが多いです。日本では、不特定多数が集まるしかも大学と関係ないイベントに大学施設を会場として貸す、ことってまずないので、特にコンサートなんて「学際でもないのになぜわざわざ大学で?」と思っていたのですが、単に台北は使えるホールが少ないので大学の体育館も大箱としてカウントされているんだそうで。

 こんな風な台湾小ネタもいろいろ伺っちゃいました。

 そして、とても嬉しかったこと。私の訳を読んで先生は「私も日本語でならこう書く。この言葉を選ぶ。そう思う言葉が使われている」そう思われたそうです。それがとても嬉しかったそうですが、私の方こそ訳者冥利に尽きます! 日本語読める原作の方にそう言っていただけるだなんて!! これからも頑張る。しみじみとそう思いました。

 結局先生とは十一時過ぎまでしゃべり倒し、閉店ちょい前にお店を出て、新橋駅でお別れしました。とてもとても楽しい時間でした。

 今年の七月、私は東京国際ブックフェアに参加するので、その前に取材のためにも是非一度、今年の前半のどこかでもう一度台湾へと思っていたのですが、そんなわけで五月の即売会に参加すべくGW明けあたりに行こうと決め、ただいま友人達と日程を調整しつつなんとか旅費を捻出しようとしております。先生が台北の書店を案内してくださるそうです!

0 件のコメント:

コメントを投稿