2018年9月10日月曜日

示見の眼日本語版の価格が大幅アップする理由

第一巻発売当初から示見の眼日本語版をご愛読いただいております皆様に、とてもいいニュースと、それに伴うたぶん多少嬉しくないニュースです。

プロジェクト・たいわにっくは今回、台湾における「示見の眼」の新しい出版社「知翎文化」と正式に契約を結ぶことになりました。

「示見の眼」の以前の出版社「威向文化」とは口頭契約で「日本の出版社からの出版を目指したサンプル版」として電子日本語版を作成していたのですが、今回「知翎文化」とは正式にライセンス契約を締結し、これによって「示見の眼日本語版」は出版社向けサンプル品ではなく、「たいわにっく」によって正式に出版される「正規日本語版」になった訳です。

これによってかなり色々なことができるようになります。たとえば紙書籍版の発行なども、たいわにっくがやれるようになるわけです。

さて、ではたぶん嬉しくないニュースはなんなのか? それが大幅な価格アップです。


この値上げの原因は、「示見の眼の翻訳代を誰が払うのか」という点にあります。

一冊に付き大体原作が7万字。私の翻訳代は読点句読点等記号込みの1文字5円。つまり示見の眼は一巻翻訳するごとにざっと35万円ずつの翻訳代が発生します。

これまではこの35万円を「示見の眼日本語版を出版する出版社に払ってもらう(そしてその出版社はその本を購入する読者の方々から書籍の発行経費の一部である翻訳代も徴収する)」というつもりだったので、サンプル版である「電子日本語版示見の眼」の価格はかなり抑えられたものとなっていました。
※ちなみに、日本の出版社がこの翻訳代をまるごと払ってくれることはまずありません。なので翻訳代としては赤字なのですが、そのかわりに全国津々浦々の書店に「翻訳者名入りの書籍」が並ぶので、その宣伝効果で赤字を相殺している状態です。実際、差額分のお金使って自力で宣伝するより遥かに効果があるので。

しかし今回たいわにっく自身が「示見の眼日本語版を出版する出版社」になったわけです。これによって、示見の眼の翻訳代35万円は、たいわにっくに対して、私に対して、読者の皆さんに直接払っていただくことになりました!

ちなみに価格大幅アップまでの時点での回収は、一番長く販売している第一巻でざっと3万円ほどとなります。
※Amazonとの独占販売契約であるkindleセレクトを利用していたので、印税率は70%、一冊に付き210円の翻訳代を回収している状態でした。自動的にkindle読み放題対象にもなっていたため、一巻の販売冊数100冊ほどに比べて回収率は少々上がっています(Amazonの試読可能部分は全データの冒頭から10%なので、うちの場合は人物紹介までしか試読できないため、読み放題利用した人が割と多いかと)。

残りの翻訳代(例えば第一巻に関しては、残りざっと32万円)の回収のために、たいわにっくは今後、以下の行動をしようと計画しています。


1、電書販売経路の拡大

Amazonだけでなく、キンドルと同様にEPUBを対象にDRMを施してくれるカドカワのBOOK☆WALKERでも販売を開始しました。
BOOK☆WALKERでは試読専用のファイルも作れるので、各巻の第一章を公開予定です。また、ダウンロードカードを作成しての、イベントにおける電子書籍対面販売も行っていきます。

またAmazonでは「洋書」として電子日本語版を、Amazon.jp以外でも販売開始しました。

2、電書の価格大幅アップ

一冊から回収できる翻訳代をなるべくアップするため、出版社の電子版価格なども参考にしつつ、四六判小説本文252ページほど、の電子版価格を模索した結果、1018円という価格を導き出しております。
ちなみに一冊に付き
Amazonで印税35%なので356円
BOOK☆WALKERで印税50%なので509円
BOOK☆WALKER版をダウンロードカード使用で対面販売=カードの作成費以外が全て印税、でたぶん一冊900円ちょい
となります。ここから色々差し引くわけですが。

3、紙書籍版発行

出版社における書籍の作成にはセオリーがあるようで、大体定価の3割が印刷費になるようです。販売価格の9割以上が印刷費な同人誌とはえらい違いだ。

外部に頼んで校正掛けたりといろいろやりますが、カラー版付録冊子付きのB6サイズでだいたいイベント販売価格1500円くらいを目安にした初版300部くらいの紙書籍版を来年度発行目指して、ただいま色々と動き回っております。

4、翻訳内容のアップデート

価格を大幅アップすることもあり、以前から作業しつつあった訳文のアップデートを行います。

最初のアップデートでは、
-1- 名前のルビ大幅増量
-2- 致命的な誤変換や誤字訂正
※例の「シーツのジャケット」がようやく直せます!
-3- 表記の統一
などを行い、

次の大幅アップデートでは、訳文自体の大幅リニューアルを行なう予定です。
※書籍版の本文は、この大幅リニューアルした訳文を使用します。


そして将来的に、翻訳代が全回収できた後は、サンプル版電書から読んでくださっていた皆さんへ更なる恩返しのできるような何か、を計画していくつもりです。初版300部の弱小出版社だからこそできるようなこと、大手出版社には逆にできないようなことを、目一杯やる気です。

0 件のコメント:

コメントを投稿