2019年4月23日火曜日

台湾漫画「北城百畫帖」がいよいよ日本語に!

北城百畫帖



戦前、日本統治下の台湾にも花開いた昭和モダンタイムス。
そして華やかなその時代の集大成となった1935年の「台湾博覧会」。
日本人が知らないもう一つの昭和モダンを描いた台湾のオリジナル漫画「北城百畫帖」が、今、日本語になってあなたの前へ。


デジタルカタパルト社の電子書籍プラットフォーム「ソク読み」を皮切りに、日本語電子版が配信開始となります。

更に、限定の紙書籍バージョンも、4月27日、28日の幕張メッセ「ニコニコ超会議」のデジタルカタパルトブースで販売実施。
超会議のチケットも、まだ前売り価格で購入可能(前売り1800円、当日2300円)。

第15回文化庁メディア芸術賞マンガ部門で審査委員会推薦作品にも選ばれた「北城百畫帖」を、是非読んでみてください。




2014年の台湾旅行時に本屋さんでクラシカルな表紙イラストに惹かれて購入し、その数日後に蒔舞先生からも、お勧めだよと教えられた漫画。いざ読み始めると、はっと思い出したのが、数日前に友達と訪れた台北のレトロな商店街「迪化街」で見かけたコスプレ写真撮影の御一行でした。
着物に真っ白なエプロンをつけたボブヘアの女の子。長い髪を首の後ろで束ね、カラスの入った鳥籠を持った青年。学生服を着た男の子もいた……、あれはまさにこの漫画のキャラクターたちじゃないか!
そしてどんどんページをめくり、第一話のラストページ付近へ差し掛かった時、ガツンと胸に突き刺さった台詞がありました。
「夢のように綺麗な場所」。
台湾人の少年が、台北の日本人街のネオンを見て思い浮かべる感想です。
思わず泣きそうになったというか、泣いた。日本統治時代の台湾。そこは確かに、日本の最先端が持ち込まれ、文明開化をもたらした場ではあったけれど、同時に明らかに「植民地」だった。それをはっきりと知っている台湾人の作者AKRU老師が、それを現実に肌で味わっていただろう台湾人の少年を通して、それでも当時の台北の「日本人街」を「夢のように綺麗な場所」だと言ってくれたことが、とてもとてもありがたく感じられた。
そこからは一気に翻訳を始めてサンプルを作成し、何が何でも自分で翻訳を担当したいとことあるごとにそのサンプルを片手に、興味はないか出版社に話を持ち掛け、伝手を辿って原作出版社の蓋亞文化にサンプルを送付し、更にデジタルカタパルトさんのイベントでAKRU老師が来日するとイベント会場でAKRU老師にも翻訳サンプルを手渡し……(その合間に何度となく翻訳をブラッシュアップ)。
我ながらストーカーと紙一重みたいな粘着ぶりを発揮すること、ざっと四年間。去年の暮れにデジタルカタパルトさんから、「北城百畫帖の日本語版を出すので訳しませんか」という、ありがた過ぎて号泣ものの壮絶に嬉しいお申し出をいただけた時は、もはや初恋が実ったような気分。第一回の打ち合わせを終えて、全編私が訳させてもらえると決まった時は、まさに初恋相手にプロポーズを承諾してもらった気分だった(帰り道ですれ違った人々はさぞかし不気味だったろう)。
以来、正月返上で翻訳に没頭し、配信開始まであと一週間の嬉しいこの日を迎えている。
本作の翻訳を私にやらせてくださったデジタルカタパルトの平柳さん、朱さん、蓋亞文化さん、AKRU老師、本当にありがとうございました!!

ちなみに電子版には、デジタルカタパルトさんにリミッターを全解除していただいたオタクが、喜び勇んでレファレンス趣味をこれでもかと発揮しまくった成果な、プラスアルファ解説というおまけもくっついています。



2019年2月7日木曜日

少々遅ればせながら春節おめでとうございます!


去年は嬉しいことだけでなく悲しいこともありましたが、今年も翻訳頑張っていきます。
嬉しいことに、昨年暮れから色々と動き出し、ほぼクリスマスも正月も返上状態で(健康状態にだけは留意しつつ)修羅場っておりました。
初めての試みとしてムーンライトノベルス上で毎日翻訳マラソンしておりました台湾BL「翰林公子昇職記」の日本語バージョン「転生先は文官でした」も先日本編完結し、その後もちょこちょこ評価ポイントが上がり続けております。
三月辺りからこちらもまた別作品の連載をスタート予定です。

他のお仕事やプロジェクトにつきましても、また随時お知らせできるかと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

2019年1月22日火曜日

フリーでお仕事を請け負っている方が、お取引先から支払調書のためのマイナンバー提出を要求された場合の対応についてのあんちょこ少々。

1、あなたの立場
まず、あなたが個人でお仕事を請け負っているだけで、お取引先と雇用関係にないことが前提となります。
翻訳者でも、ライターさんでも、そのお仕事があなたが個人的に請け負っているものであることが前提です。
それ以外、そのお仕事を依頼してきたお取引先とあなたが雇用関係にあって保険や年金が絡む関係であるならば、あなたは「従業員」なので、ここに私が書いている情報とは無関係なはずです。
そして更に、あなたがあくまで個人事業主であって、法人マイナンバーを持っていないことが前提となります(いっそ法人化しちゃうというのも一つの手段ではあるのですよ)。


2、あなたへの支払金額は
お取引先が支払調書を税務署に提出する義務が生じる、その金額ラインを越えていますか? あなたが翻訳者やライターである場合、そのお取引先からの支払金額が年間通して五万円以下なら、そもそもお取引先には提出義務が生じません。ですから、あなたのマイナンバーも提供する必要はありませんよ?
※詳しいことはご自分でお調べください。


3、どういう封筒が来ていますか?
お取引先からの提出依頼に際して、返信用封筒はどういうものですか? 普通郵便用のものに切手が貼られた状態のものが同封されてきていますか?
その場合、恐らく先方は「むしろ提出しないでください!」と無言で絶叫している状態だとお考え下さい。
追跡もできない通常の郵便で、提出するとかありえません。書留といった比較的安全な手段を先方が提示してきていない場合に想定できる事態は、
 1、「マイナンバーを適切に管理する余裕」が先方にない。
 2、「マイナンバーを適切に管理しようとする意識」が先方にない。
この二択です。
いずれにせよ、あなたの個人情報とマイナンバーをセットにして送付するべきではない状態にあるのだということは、容易に想像できます。


4、一番のポイント
そして、少なくとも平成31年、2019年1月22日時点で、国税庁のサイトには、「従業員や取引先からマイナンバーが提出されずマイナンバーが記入できなかった書類」を受け取り拒否しないことが明記されています。
マイナンバーの提出をあなたが拒否しても、お取引先にデメリットは生じません。
むしろ、流出時の罰則を考えると、マイナンバーをお取引先に提出しないことの方が、お取引先にとってもメリットになると言えるでしょう。
ただし、別にあなたがお取引先に対し、そのメリットを説く必要はありません。また、お取引先から再三、普通郵便を使用しての提出を促す旨の連絡があって、あなたの側の業務に差支えが生じるような場合は……。




というわけで、マイナンバーを拒否する際に添える手紙の例文と、「マイナンバーの提出拒否」の書類の例文を作成したので、フリーランスの方はどうぞ参考になさってください。


一度きりのお取引先や、そもそもあなたご自身と同程度の規模でお仕事をしていらっしゃるフリーの方相手へのマイナンバー提出や、同じくフリーの方のマイナンバーをあなた自身が管理する事態だって起こり得るのです。
例えば私だって、小説のプロモーションビデオは、フリーで映像作成をしている友人に頼んでいます。今後、この友人のマイナンバーを私が預かって適切に管理するって、あり得ないでしょう? 
※今のところ、この動画は一本三千円で作成してもらっているので、基本、支払調書の提出は起こり得ないのですが。






2019年1月21日月曜日

重要:各お取引先様に対し、マイナンバーの提出は一律に拒否をさせて頂きます。

当翻訳事務所は個人事務所であり、翻訳等をご依頼いただきますお取引先各社とは、常時または長期に亘る「雇用関係」が生じているわけではございません。このため、当翻訳事務所はお取引様の「従業員」ではなく、從ってお取引様が当翻訳事務所の「年金」「保険」に関する手続きを行なう事態も生じ得ず、お取引先様の事務手続きに負担を生じさせる可能性も生じ得ないと存じます。

また、一度限りのご依頼となる場合も多々ございますため、翻訳等料金の支払いに際し、個人番号提供を依頼されました場合、当事務所と致しましては個人番号提出は全て拒否をさせていただきますので、どうぞご了承くださり、該当支払い調書のマイナンバー欄は空欄のままご提出くださいますようお願い申し上げます。


また、この拒否によってお取引先様にお手数をお掛け致しませんよう、代わりと致しまして「マイナンバー提出拒否」の書式を作成致しております。

個人番号提供を書面でご依頼いただきましたお取引先様には、この「マイナンバー提出拒否」書類に捺印の上、お送りいただきました「個人ナンバー提供依頼書類」とともに送付させていただきますので、こちらをセットにして「提供の要請及び提供を拒否された経緯の確認書類」としてご使用ください。